漢字ってその文字でいい意味も悪い意味もあったりしますよね。会社だからいい意味も悪い意味もあるとは思いますが、一つの型にははめられない漢字一字では表しきれないおもしろい会社だなと思います。

1度別の会社で薬剤師として 2ヶ月くらいは働いていたのですが、社風が合わずにすぐにやめてしまいました。辞めてから就職活動もかねて、何社か患者として、薬局に行ってみたんです。そんな中、近畿調剤の薬剤師さんの対応がすごく丁寧で早かったんです。
処方箋に入っていた薬が変わったものだったので、その店舗に置いてなかったのですが、担当してくれた薬剤師が素早く判断して、その薬がどこの調剤薬局にあるのか調べて、丁寧に教えてくれました。こんなところで働きたいと思いましたね。


実際仕事をしてみて気づいたのですが、薬のことだけではなく、業務のことでも、覚えることがかなり多かったです。だけどそれ以上に得られるものがたくさんあるし、一緒に働いている人も面倒見の良い人が多いおかげで楽しく頑張れています。


好きです。まず社長が好きですね。考え方も斬新だし、個々に対する気遣い、見てくれている感じが好きです。地域のため、患者様のためというのはもちろんですが、私は社長の為にも頑張ろうと思えます。
以前体調を崩し、就業することが難しい時期があったのですが、自分のような入社1年目の社員に対しても紳士な態度で向き合ってくれたことで本当に救われた経験が心に残っています。


薬を飲むのがいや、不安だったと話す患者さんが、私と話すことで薬を飲むことに対して不安がなくなった、いやじゃなくなったと言っていただいた時ですね。自分の経験から患者さんの気持ちを変えることができたので、今後も多くの患者さんの気持ちを自分の影響で変えていけたら嬉しいです。


エリアマネージャーが、信頼できる上司にあたりますね。 私の入社当時の研修担当だったのですが、1つ1つかなり丁寧教えてくださったので、今でも困ったときには連絡します。


アロマテラピーや手芸をやっています。今はマフラーを編んでいますが、好きなことをする時間をしっかり設けることができていると思います。そういう意味でも恵まれた環境だと思います。


社長がすごく斬新というか新しいことを考えて挑戦される方なので、他の薬局にはできないことができるような薬局になっていくのではないかと思います。そんな近畿調剤の未来が楽しみですね。


私は今薬局長として店舗を任せてもらっています。2年目の新人に店舗を任せるということは、会社からしたら不安だと思うんです。ですが社長や上司が気持ちをくんでくれた上で任せてくれている。もちろんしんどいとか辛いと感じるときもあります。例えば、投薬時にうまく話せなかったり、患者様を待たせて、判断がすぐできず、不安になるときもありますが、そういうときは他店舗の頼れる先輩にサポートしてもらっています。今後は先輩方の期待にも応えていきたいですね。
薬剤師としての経験もまだ2年ですが、病院でしかとれないといわれている、専門薬剤師、認定薬剤師の資格が取れるようになればいいなと思います。それらの資格を取ることで、より深い知識を持って患者様と関わることができる。すべての患者様に思ってもらえるのは難しいかもしれないけど、ここの薬を飲めば治るんだっていう安心感を持ってもらえるようになれば幸せです。


例えば、国家試験に向けて勉強をしていく中でも、どうやったら効率よく勉強できるか、どうやったら自分の身につくか、これはこうだからこういう風になる、だからこれはこうすれば良いとか…一部だけをきりとって物事をみるのではなくて、一つずつ繋ぎ合わせて物事を考えられるようにしていけば、薬剤師になってからも、患者様がこういっておられるのはなんでなんだろう?こういうことがあるからこう思っているのかな?と、しっかりと先のことを考えられるようになると思います。
自ら前向きに考えて、患者様のために、自分の成長、会社の成長に対して挑戦していけるような方と一緒に働きたいと思っています。